クニヤス建築設計 滋賀県の建築設計事務所/建築家 滋賀で建築家と建てる家/こだわりの建築を実現

higashi3.jpg
higashi1.jpg
higashi2.jpg
higashi4.jpg
higashi5.jpg
higashi6.jpg
higashi7.jpg
higashi8.jpg
higashi9.jpg
higashi10.jpg
higashi11.jpg

東近江の家
滋賀県東近江市/2017年

家族構成 夫妻20代+お子様2人*設計依頼時

構造規模 木造、地上2階
計画期間 設計4ヶ月、施工4ヶ月
延床面積 91.09平米(1F/50.51平米、2F/47.27平米)
建築面積 54.65平米
敷地面積 343.60平米

家具 ハンドワークデザインスタジオ
撮影 川村憲太/tametoma

20代後半のご夫婦とお子様の4人家族の住まいです。
滋賀県の湖東地域に位置する東近江市。昔からの集落内で周囲は田園風景が広がる豊かな自然環境が特徴的な敷地です。祖母が住まれている日本家屋と畑の間に元々空いていた50坪程度のスペースに4人家族が住む2階建ての住宅を設計しました。

設計段階での希望は設計料などの諸経費も含めて2000万円までのコストで建設できるローコストな住まいが条件でした。この条件の中で最大限確保できる空間ボリュームのアウトラインを定め、できるだけ伸びやかに気持ちよく開放感を感じられるよう最も日当りのよい位置に吹抜けのリビングを配置しました。

1階はLDKの中央に木製の階段を配置し、階段によってリビングとダイニングキッチンの領域を緩やかに分けます。2階はリビングの吹抜け以外に廊下的なスペースを最小限に、寝室と子供室の個室を配置します。ローコストでありながらメリハリのあるコストコントロールでキッチンはオリジナルのオーダーキッチンを、1階床は無垢のオーク材で仕上げました。季節や時間で変化する自然の光によってリビングの吹抜けに差し込む光がシンプルな空間に彩りを与えてくれます。

黒い三角屋根が特徴的なシルエットで、プレーンな正方形ボリュームから1階の玄関部分と2階のバルコニー部分だけを引き延ばすことで拡張されたシンボリックな外観デザインです。集落内に違和感なく溶け込むよう高さを抑えた可愛いボリュームの住まいが完成しました。