クニヤス建築設計 滋賀県の建築設計事務所/建築家 滋賀で建築家と建てる家/こだわりの建築を実現

IMG_2501.jpg
IMG_2502.jpg
IMG_2503.jpg

テキストデータ

のびやかな空間に家族の気配が伝わる家

吹き抜けからの明るい光が白い室内にあふれる岸和田さん宅。コンパクトでありながら開放感いっぱい、またモダンでありながらナチュラルなあたたかみを感じさせる空間です。奥さまの実家に同居しながら、「いつかは自分たちの新居を」と考えていたお二人。そうした漠然とした思いを実行に移すきっかけになったのは、消費税アップでした。「できれば、このあたりの風土を熟知しているかたにお願いしたかったので、地元の設計・施工会社などを調べて、実際に何軒か見学に行きました」
そして、出会ったのが建築家の武田邦康さん。「どの施工事例もおしゃれで、間取りもユニーク。こちらの希望もすぐに理解してくれて、最初に(ローコストで)とお願いしたら、単に安価にするだけではない、さまざまな工夫を提案してくれました」
「私たちの希望は、生活感のないモダンな白い空間と、家の中に一体感をつくってくれる吹き抜け。そして、子どもたちの遊ぶ姿を見ながら作業できるキッチン!」。そうした夢をかなえつつ、コストの圧縮を目標に、岸和田家の家づくりは始まりました。
まずは外観は、お二人の好みでもあるシンプルな箱形。屋根の勾配も、外壁や屋根の面積が最小限になる角度にしました。面積の多い天井や壁面はクロス仕上げにし、ゲストの目につかない2階や水回りの床も手頃な素材にすることに。造りつけの家具やキッチンは既製品と造作を比較し、お二人の描くイメージをより安価に実現できるほうを選択。造作となった場合も、家具屋さんではなく現場の大工さんに依頼しました。
ですが、節約ばかりではなく、キッチンや造りつけカウンターは、無垢のチーク材を使ってメリハリを。ダイニングには、どうしても採用したかったという照明を2灯設置。「LDや玄関の無垢材の床も、絶対にゆずれませんでした。扉つきにしたかった背面の収納棚は、一部をオープンにしたのですが、ディスプレイが楽しめて、逆によかったです(笑)」
小さなコストダウンの工夫を積み重ねながら、理想の空間を手に入れた岸和田さん夫妻。吹き抜けを通し、お子さんの楽しい声が家じゅうに響いています。
(文・編集部)


はじめての家づくりNo.25
別冊PLUS1LIVING


掲載P20〜25
出版:主婦の友社

Unknown.jpeg